自転車も運びたい!単身引越しプランで自転車は運べるか?

2021-05-25

一人暮らしの引越しで意外と大きい荷物は、自転車です。高いものではないし、新居の近くで買いなおしてもいいが、運べるものなら運んでもらいたい…と思われませんか? 

ここでは「単身引越しプランで自転車が運べるか?」「どうしても自転車を運びたいときの方法」をご紹介します。結論としては、買いなおされたほうが安くすむかもしれません。

単身プランでは自転車は運びにくい

どの引越し業者でも、単身プランで運べる荷物の量・サイズが決まっています。一般的には単身専用のコンテナがあり、そこに入る荷物が上限です。

コンテナはだいたい横105センチ×奥行105センチ×高さ175センチが標準サイズ。そこに衣装ケースや段ボール箱やデスク、小さい家電などを積み込んでいきます。

単身引越し用コンテナには一人暮らしの荷物はほぼ積み込めますが、そこに自転車が入る余裕はない、というのが現実です。普通自転車のサイズは横60センチ×奥行190センチ×高さ120センチ。これを一台積めば、コンテナはもういっぱいなのです。

どうしても運びたいときは、自転車のみ追加料金

では、どうしても単身プランで自転車を運びたいときにはどうしたらいいでしょうか。方法はふたつ、考えられます。

1.折り畳み自転車を小さく梱包する
2.単身プランで荷物を積み、自転車は追加料金で送る

1の「折り畳み自転車」は、梱包時に段ボールなどでしっかりと包むのがコツ。段ボールの上に「注意! 自転車」と書いておきましょう。

万が一、自転車の上に荷物を積んでしまうと、自転車本体にゆがみが生じるかもしれないからです。また、どうしても普通自転車を送りたい場合は、自転車だけを別で送ることは可能です。

しかし追加料金が発生しますので、せっかく格安の単身プランをつかっても総額が高くなってしまうことがあります。引越し業者の見積もりで、総額をきちんと確認してから決めましょう。

格安引越し業者を利用して、新しい自転車を購入

結論としては、普通自転車は引越しの単身プランで運ばず、買いなおすのがおすすめです。たとえば、LIVE引越サービスのような格安単身プランを利用すれば、引越し費用そのものが節約できます。

新居のちかくで、新しい自転車を買っても、コストは十分見合うことになるでしょう。お気軽にお見積もりだけでもご依頼ください。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.