「コロナ禍の夏、引越しの注意点2つ!」

2020-06-22

世界中を席巻する新型コロナウイルス。思わぬことで春にするはずの引越しが夏にずれ込んでしまった、というお客さまも少なくありません。

ここでは、コロナ禍の夏の引越しで注意したい2点をご紹介いたしましょう。「ネット見積もり」と「営業状況の確認」です。

コロナ禍ではなるべく接触を避け、できるタイミングで引越しをするのがコツです。

見積もりはメール、電話、写メ利用で依頼する

引越しスタッフとの接触をなるべく減らしたい、と言う場合はネット経由で見積り依頼ができる引越し会社を探すのがおすすめです。LIVE引越サービスのように自社サイトからメール等で見積りを依頼できる会社がありますので、まずはネットで荷物の量などをチェックして見積もりを依頼しましょう。

荷物が一般的な量よりも多くて心配な場合は、引越し会社と打ち合わせて、お部屋の様子を写真に撮ってメールに添付するなどの方法もあります。訪問見積り以外にも、電話・メールを利用した見積もりができる会社なら、接触も最小限に減らせます。

当日までに荷造りを終え、接触時間を短くする

見積もりはできても、お引越し当日のスタッフとの接触は避けられません。この場合もなるべく接触時間を短くするという意味で、引っ越し当日までに荷作りを終えて、当日はすぐに運び出してもらうようにしましょう。

もちろん引越しスタッフとの間には十分な距離を取り、マスク着用の上で指示を出します。また手指の消毒用アルコールがあれば、こまめにつけることも大事です。

ちなみに引越し会社スタッフは基本的に全員マスク着用、手指の消毒をまめにおこなうことが基本です。

今後は引越し依頼も増加する可能性がある

さらに引越しのタイミングもよく見て決めましょう。2020年春の引越しは、政府による緊急事態宣言などを受けて例年ほどは混みあいませんでした。

しかし春の引越しが2020年夏以降にずれ込んだお客様も多く、今後はどんどん引越しが混みあってくる可能性があります。また第二波・第三波の感染拡大があれば、再び県をまたいでの移動は難しくなりますから、引越し会社の営業状況なども調べておきましょう。

もちろん、LIVE引越サービスのように基本的に常に営業している引越し会社も多数ありますよ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.