こんな風にも使える!?引越し会社の一時保管サービス利用法

2020-09-22

お引越し時に、大きなお荷物を新居に入れるのは後日になる……なんてこともあります。
そんな場合にとても便利なのが引越し会社の「一時保管サービス」です。

搬出時は新居へ運ぶお荷物と一緒に出し、依頼品のみを一時的に保管場所へ運びます。
ここでは一時保管サービスのご利用法をご紹介しましょう。意外な時に役に立つサービスです。

家の建て替え・リフォーム時に大型家財を預ける

お引っ越しの理由が「家の建て替え・リフォーム」という場合は、一時的に大型家具などをほかの場所に移動させる必要があります。
ご家族は短期間だけ賃貸マンションなどに引越すことになりますが、短期滞在のお家に家財道具をそっくり移動させると狭くて大変。

そんな家の建て替え・リフォームの場合は、引越しと同時に転居先で不要な家財を引越し会社の一時預けサービスを利用しましょう。
お引越し荷物と同時に搬出できるので手間もかからずとても楽なんです。

お家の建て替えが終了した段階で、もう一度引越し会社がお荷物を運んできて、新居へ搬入してくれます。

急な単身赴任、社宅が決まっていない場合も使える

単身赴任で新居が決まっていない場合も、引越し会社の一時保管がとても便利です。
急な単身赴任で、赴任先の社宅がきちんと決まっていない場合もあります。

そんな時は、必要なものを引っ越し会社の一時保管サービスで預けてしまい、ご本人だけが異動先へ移動。
そして住む場所が決まりしだい、荷物を搬入してもらうと便利でしょう。

突然の単身赴任では借り上げ社宅が決まるまで1カ月ほどマンスリーマンションなどに住むケースもあり、その間、引越し会社に荷物を預けておけるサービスはとても使いやすいのです。

引越し会社の一時保管サービスで楽しよう

もちろん引越し会社の一時保管サービスを使わず、一般のトランクルームなどを利用することもできます。
しかし自分でお荷物をトランクルームに運び込み、また新居へ移動させるという手間がかかります。

引っ越し会社の一時保管なら運搬も搬入も引っ越し会社まかせ。
LIVE引越サービスでもオプションとしてご用意しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.