10月, 2017年

冷蔵庫の中身は空に。未開封のペットボトルや缶はOK!

2017-10-26

お引越しのお荷物の中でもビッグサイズの冷蔵庫。
これをいったいどうしたらいいのか?と困っている方も多いでしょう。
お引越し前にやっておくことをご紹介しますね。

【お引越し2週間前から計画的に冷蔵庫をカラにする】

お引越し当日には、冷蔵庫の中はカラにします。
中にはぎっしりと食品や調味料が入っているというご家庭がほとんどですから、お引越し当日に合わせて食材を使い切ってしまいましょう。

できればお引越しの1~2週間前から、冷蔵庫の中身を確認して賞味期限が切れているものはどんどん捨てていきます。
処分後に冷凍庫にあるものと乾物を組み合わせて、2週間分の献立を作ってしまうといいでしょう。

お引越し前の2週間は、買い物も控えて、あるものを食べて消費するのがコツです。
そしてお引越しの前日には冷蔵庫の電源を切ります。

冷蔵庫の中身は最後のお料理にして食べきるか、その前にカラにしてしまい、外食やお弁当などで過ごしましょう。

未開封の缶やペットボトルはほかのお荷物と一緒に運べる

お引越し前に冷蔵庫内のものをチェックしていると、未開封の缶やペットボトルがでてくることもあります。
これも食べきらなくちゃダメ?と思うかもしれませんが、未開封ならお引越し荷物と一緒に新居に運ぶことができます(未開封でも要冷蔵のものは運べません)。

開封済みのものは処分していただくか、クーラーボックスなどをご用意していただきご家族様で運んでいただくことになります。
お引越し荷物と一緒に運ぶ場合は、段ボール箱の側面や上部に「食品 ペットボトル未開封」などと書いておかれるとわかりやすいので、新居についてからの荷ほどきが楽になります。

【前日に電源を切ることはお忘れなく】

冷蔵庫については、お引越しの前日までに電源を切っておく必要があります。
これは、冷蔵庫の中の氷を溶かして、内部に余計な水分を残さないためにするものです。

冷蔵庫の中には、見えない部分に霜がついていることがありますから、これをそのままにしておくと輸送中に霜がとけて、水分が出てしまいます。
こうなるとトラック内の他のお荷物が濡れることもありますから、わすれずに電源を切っておきましょう。

年末のお引越し、ネット移転手続きも早めにしましょう

2017-10-26

年末のお引越しは大忙しの中でおこなうために、つい忘れてしまう手続きがあります。
そのひとつがネットの移転手続きです。

年明けでかまわない手続きならいいのですが、ネットの手続きが終わっていないちょっと不便な年末年始になります。

【連絡が遅いとネット工事業者が年末休みに入ってしまう】

ネットの移転手続きなんてギリギリでも大丈夫だろうと思うかもしれませんが、年末年始は要注意です。
なぜならネットの移転には新居での工事が必要で、工事業者は年末になるとお休みに入ってしまう会社がおおいからです。

早めに工事を依頼しておかないと工事業者休んでしまい、工事の実施は年明けということになります。
営業していても年末年始はネット工事が混みますから、予約が遅くなれば年明けに回されてしまうこともあるのです。

年末年始中ずっとネットが使えない環境というのは、ちょっとつらいですね。

【ネットの移転手続きは12月上旬までにすませる】

ではネットの移転続きは、いつごろまでにしておくべきなのか。
目安としては、12月上旬には手続きを終えておきましょう。

手続きと言ってもプロバイダのサイトでできますから、それほど時間もかかりません。
引っ越し会社が決まり、お引越し日が決まり次第すぐに手続きをすると、やり忘れることもありませんね。

【テレビのアンテナ工事も早めに連絡を】

もうひとつ、テレビのアンテナについても確認しておきましょう。
マンションの場合は賃貸でも分譲でも共有アンテナがついていますからそれほど心配はいりません。

しかし一戸建てを新築した場合は、テレビのアンテナがついていないこともあります。
この場合、お家の持ち主がアンテナ工事の手配をしなくてはなりませんから、入居前にどうなっているのかを施工業者に確認すべきです。

これも早くしておかないと、年末で工事ができなくなります。
家族が集まる年末年始にテレビなしというのは、ちょっとつらいところですね。

なお、BSアンテナやCSアンテナ工事はLIVE引越サービスのオプションでもお受けしています。
お早めにご依頼ください。

今が引越しのお得な時期。年始は避けて格安引越し。

2017-10-24

お引越しは1年の間に繁忙期とそれほど混みあわない時期があります。
繁忙期は2月中旬~4月初めごろまでですが、実は夏休みや年末年始も混む時期です。

となると、年末年始の前にあたる11月ごろは、お引越しがとてもしやすいシーズンでもあるんです。

【お得に引っ越しをしたいなら、11月はねらい目】

お引越しを格安にしたいというお客さまにおすすめなのが、11月のお引越しです。
というのも、夏休みの引っ越しシーズンが一段落し、次に忙しくなる年末年始までに間がある、ちょうど穴場にあたるからです。

夏のお引越しは企業の辞令後引越しが続く9月後半まででいったん終わり、10月の気候のいい時期のあとはご相談も落ち着いてきます。
こうなると、お引越し料金のご相談にも乗りやすく、お客さまにとってもご満足できる費用でお引越しができることになります。

LIVE引越サービスは通常でも他社と比べていただければ格安でのお引越し料金をお出ししておりますが、年末年始のまえの11月はよりお値打ちなお引越しができる時期なのです。

【11月は物件も多く出回る時期】

ついでに言えば、11月ごろは物件をさがすにもいい時期です。
これも需要と供給の問題で、9月の企業引越しが終わってしまうと、次は年始からの入居相談を待つしかないという大家さんが非常に増えます。

大家さんとしては、何か月も部屋を空けておくより1日でも早く借りてくれる人に貸したいのが当然です。
そこで11月ごろなら家賃のディスカウント交渉に応じてくれる大家さんが多いのです。

この時期に空いている物件は、主にファミリー用。
9月辞令を受けて引っ越した後の3LDK以上の物件が多く出回っています。

駅の近くなど条件のいいお部屋もありますから、新居を探している方は11月のお引越しがおすすめです。

【インフラ関係の工事もスムーズにできる時期】

11月のお引越しは、メリットが多い。格安料金はもちろん、物件も多いですしインフラ系(ネット開通の工事なども含む)の開通手続きもスムーズです。
これも需要が少ない時期だから、希望の日にちにあっさり工事を頼めるわけです。

年末年始をゆったりと新居で過ごしたい方は、11月のお引越しを検討されてはいかがですか?

11月に大阪から北海道に単身引越しをされたお客様の声

2017-10-23

今回は、11月に大阪から北海道に単身引越しをされたお客さまからのお声をご紹介します。
不用品処分を便利にご利用いただけたようです。
打合せ時に非常に詳しく説明させて頂きスムーズな引越しを実現しました。

北海道に単身引越しをされたお客様の声

大阪へは単身赴任でやってきて、北海道の実家に戻るときに御社を利用しました。
御社を見つけたのは、知人に利用した人がいて、とてもほめていたからです。

大阪での生活が長くなり、単身と言っても荷物がとても多かったので、訪問見積もりが頼める点がよかったのです。
今回大阪を離れたら、もう北海道から出る予定はないので、多い荷物でも全部運びたかったので、その点だけは最初から営業マンとみっちり打ち合わせました。

打合せの回数も多かったですし、訪問見積もりの時間も長くとっていただき、こちらの希望はすべて伝えられたので良かったです。

荷物が多かったので、不用品も多かったですが、これも御社のほうで格安で引き取ってもらえて便利でした。
引越しの不用品って大型ごみになるので、自治体のごみ回収に出すにも限界がありますから、引越し会社が引き取りもしてくれるととてもよかったです。

不用品の処理についても営業マンと何回か話しましたが、とても詳しくて、これなら安心して任せられると思いました。

結果として、ずいぶんたくさんの不用品を引き取ってもらいましたが、こちらが考えていたよりもずっと安い金額で済んだので、お得だなと感じました。
引っ越し代そのものも、他社と比べても安かったので、何を頼んでも安いんだなと納得しました。

荷物を取りに来た人たちも、とても礼儀正しかったです。
とくに年配の作業員が礼儀正しくて、これならうちの中に入ってもらっても大丈夫だと思えました。

新居に荷物を運んできた作業員も丁寧でしたし、新築の家でしたから、荷物もそっと運び込んでもらえました。
細かい部分の配慮も十分されていて、社員教育が熱心な会社だろうと感じました。

11月に単身赴任を東京から沖縄にされたお客様の声

2017-10-21

今回は、11月に東京から沖縄へ単身赴任されたお客さまからのお声をご紹介します。
当社スタッフの対応を丁寧にご覧いただき、感謝しております。

沖縄に単身赴任されたお客様の声

沖縄にまったく知人がおらず、仕事の関係だけで単身赴任しました。
そのときにリブ引越しさんにお願いしました。

長距離の引越しなのでどの引越し会社も料金がとても高くて、困っていた時に、リブ引越しさんの見積もりがとても安かったので良かったです。
安いですが、名前を聞いたことがない引越し会社だったので、どうかなと思ったのですが結果としては何のトラブルもなく荷物を運んでもらいました。

長距離の単身赴任は初めてでしたので、リブ引越しの営業さんにはとてもお世話になりました。
わからないことは聞いてくださいと言われたので、ほんとうにあれこれとたくさんのことを聞きました。

荷物をできるだけ少なくしたかったのでそのコツを聞いたので(結局、運ぶより沖縄で購入したほうが安くなるというアドバイスは、とても役に立ちました!)、実際にリブ引越しに預けた荷物もとても少なくて済みました。

こういうアドバイスは、たくさんの長距離引越しをやっているからできるんですと聞いて、納得しました。
とにかく営業担当の人が、とても親切でした。

沖縄に荷物が到着して、運ぶ時もマンションの廊下などに養生をしっかりしてくれて、階段にもやってくれました。搬入後の荷物のキズ確認もすぐにやってくれて、全体的に作業が早いなという印象を持ちました。

東京の作業員さんも沖縄の作業員さんも、とてもいい感じでしたので、たぶんリブ引越しのスタッフはだいたいいい感じの人なんだろうと思っています。
荷物の運び出しも運び込みも、とてもてきぱきとしていて、早かったです。

営業の人は、メールや電話の連絡もとても早く返事してくれましたし。
長距離でしたが、気持ちよく引越しできました。有難うございました。

11月に東京本社の会社様が大阪支店を出された際のお手紙

2017-10-20

今回は、11月に大阪に支店を出された会社様から頂いたお手紙の一部をご紹介いたします。
東京に本社があり、大阪支店は関西エリアでの2か所目ということで、当社のことは口コミでお知りになったようです。

会社様のお手紙

このたび、大阪支店への移転時に大変お世話になりましたこと、心より感謝申し上げます。
貴社の引越し業務が非常にスムーズでしたので、一言お礼を申し上げます。

とても良かった点がいくつかございましたが、とくに次の3点について高く評価されるべきかと思います。

1.どのスタッフも対応がよい

このような法人移転の場合、営業担当者の接客態度が良いのは珍しいことではありません。
しかし貴社の場合は、営業担当だけでなく窓口スタッフも、当日の作業員も、すべての職員の対応が非常に良かった点が印象的でした。

打合せ時の挨拶から始まり、相談にも丁寧に乗ってくれ、わからないことはすぐに調べて回答してくれました。
訪問見積もりや打ち合わせのときにもあらかじめ準備をしてから来社され、無駄な時間を使わずに打合せを済ませられました。

2.当日の引越し作業が短時間で終わった

弊社では、すでに関西に1か所の支店をもっており、前回の移転時にはあれこれと細かいトラブルが続き、引越し終了まで3時間ほど余計にかかりました。
この遅れは新事務所の整理の時間の遅れになり、新支店の運営スタートのさまたげとなりました。

今回はその反省を踏まえ、当日の引っ越し作業をなるべくスムーズに済ませていただくべく、当初より打ち合わせておりました。

それでも多少の遅れはあるだろうと計算しておりましたが、実際には予定より2時間ほども早く搬入作業がすみ、社員による荷解きや整理も早く終えることができました。

今回の移転に際しては、複数の業者から見積もりを取りましたが、貴社が安価かつ誠実な対応をしてくれましたので、お願いいたしました。

事前準備から始まって、当日の引越し、アフターフォローまで万全の態勢で応じていただき、感謝しております。誠にありがとうございました。

金庫やコピー機の引越しについて

2017-10-16

お引越しのお荷物は実に多種多様です。
一般的な生活用品のほかに、ご自宅にある金庫やコピー機の輸送をご依頼されるお客さまもいらっしゃいます。

はたして金庫やコピー機を運んでもらえるものか…と心配な方は、まずLIVE引越サービスにご連絡ください!

【自分で金庫を運ぼうとするのは、意外と大変です】

一般家庭にある金庫はサイズや重量がさまざまで、引越会社に頼むべきかどうか迷うこともあるかと思います。
当社では、基本的に金庫もコピー機の輸送もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問は、自分や家族で金庫を運ぼうと思ったがやはり不安で、頼めるだろうか?というものです。

たしかにご家族で金庫を運ぶことは不可能ではありませんが、その場合は金庫の重量を調べてからお決めになるといいでしょう。

大人2人が運べる金庫の重さは、50キロくらいが上限です。
それ以上の重量がある金庫を無理に運ぼうとすると、腰を痛めたり事故の原因になったりすることがあります。

また、金庫というのは基本的に防犯のため運びにくいような構造になっています。
なるべく引越し会社に頼むほうが安心です。

ちなみに、金庫の場合は輸送前に中身をすべて出していただくことになります。
現金や印鑑、宝石、有価証券などは運べませんので、お客さまご自身での管理をお願いしております。

【コピー機の場合も同じです。】

やはり重量がありますし、コピー機内部の精密機器が破損しても無料での修理対象にならないことが多いです。

コピー機の輸送については、事前にメーカーによる輸送前処置が必要になります。
こういったもろもろのことを考えると、やはり頼もうかなとお思いになるお客さまが多いようです。

お手続きの時間も必要ですので、コピー機のお引越しは早めに担当者にお申し付けください。

金庫は処分しにくいため、新居でも使用するのがいいでしょう

金庫は、引越時に不用品として処分しようと思うと、これも大変です。
一般ごみとして出すことはできませんし、不燃ごみ・粗大ごみとしても処分しにくいからです。

新居で活用するように考えるのがいいでしょう。

冬休みの引越しは余裕を持って早期予約がお得

2017-10-10

何かと忙しい12月。この時期は意外とお引越しのご相談が多いときです。

新居で新年を迎えたいので、どうしても年末にお引越しをされたいお客さまや、仕事の都合で年内にお引越しをすませたいお客さまなど、いろいろです。
冬休みのお引越し準備は余裕をもってどうぞ。

【早めに手続き、早めにお引越し予約】

冬休みのお引越しは、年末年始を計算に入れて準備を始めるといいでしょう。
というのも、年末年始は企業や業者がお休みになりますから、済ませておきたい手続きが年内に終わらないことがあるからです。

ネット回線の工事などは早めに連絡をして、お引越し日にあわせて工事依頼をするのがおすすめです。
もちろん、引越会社の見積もりや選定も早めにやりましょう。

年末年始はお引越しが多いため、引越し会社は年末もぎりぎりまでお休みを取りませんが、それでも12/31は休業日というところが多いでしょう。
当社も12/31からお休みをいただきますので、お引越しのご相談は早めになさるのをおすすめします。

【LIVE引越サービスの早期予約でお得にお引越し】

LIVE引越サービスでは、早期予約もございます。
早めにお見積もり→ご予約をいただいておけば、いろいろな特典をご用意しております。

年末年始のお引越しについては、料金のご心配もあるでしょうが、早期予約を使っていただくと、とてもお得になりますからぜひご利用ください。

お引越し日が決まり、引越会社の予約がすめば一安心ですが、そのあとにお手続きと荷づくりが待っています。
いいお引越しのためにも、はやく準備をスタートさせましょう。

【年末年始のお引越しもお気軽にご相談を】

年末年始のいそがしい時期に荷づくりをしてお引越しというのは、精神的にも身体的にも大変なものです。

LIVE引越サービスの引越しノウハウを活用していただき、スムーズなお引越しが実現できるよう、スタッフ全員でサポートしてまいります。お気軽にご相談ください。

Newer Entries »

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.